Addicted to being addicted…

* last update 2006/12/20


HERE COME THE BRIDES (2003)


01. Shut The Fuck Up (Sixx / Guns / Legrand)
02. I Don't Care (Sixx / Guns)
03. I Got A Gun (Sixx / Guns / Legrand / Corabi)
04. Two Times Dead (Sixx / Guns )
05. Brace Yourself (Sixx / Michael)
06. Natural Born Killers (Sixx / Guns / Michael / Legrand)
07. Life (Sixx / Kadish / Guns / Nichols)
08. Revolution (Sixx / Guns / Legrand)
09. Only Get So Far (Sixx / Michael / Guns)


・BRIDES OF DESTRUCTIONの記念すべきデビュー・アルバム。
・本国アメリカに先駆け、2003年12月25日に日本先行リリースされた。
・プロデュースはバンドがリハーサルで使用したスタジオ「Klown Records」のハウスプロデューサー Steve Brunoで、ミキシングを G'N'Rのアルバムを手がけた Steve Thompson が担当している。
・基本的に、全曲をNikki Sixx/ Tracii Gunsが手がけているが、London Legrandも数曲で貢献、またアルバムリリース前に脱退したJohn Corabiも#03でクレジットされている。
・#09は、Nikkiがカントリー系シンガーTim McGraw とFaith Hillに提供するために書いた曲がベースとなっている。
・バンド外部からのブレーンとしては、#05, 06, 09でJames Michael(MOTLEY CRUEの「NEW TATTOO」アルバム以来のNikkiのソングライティング・パートナー)が参加、また#07ではKevin Kadish(Stacie OrricoやSR-71に曲提供しているソングライター)と、Justin Nichols(ダンス/ハウスミュージックのリミキサーとしてJay-Jなどを手がける)が参加している。
国内盤の初回特典として B.O.Dロゴステッカー同梱、また販売店により発売告知ポスターも添付された。




RUNAWAY BRIDES (2005)


01. Aunt Biente (Guns)
02. Lord Of The Mind (Guns / Legrand / Coogan / Sorry)
03. Dead Mans Ruin (Guns / Legrand / Coogan / Sorry)
04. Criminal (Guns / Legrand / Coogan / Sorry / Sixx)
05. This Time Around (Guns / Legrand / Coogan / Sorry / Sixx)
06. White Trash (Guns / Legrand / Coogan / Sorry)
07. Brothers (Guns / Legrand / Coogan / Sorry)
08. Never Say Never (Guns / Legrand / Coogan / Sorry / Ginger)
09. Blown Away (Guns / Legrand / Coogan / Sorry / Sixx)
10. Porcelain Queen (Guns / Legrand / Coogan / Sorry)
11. White Horse (Guns / Legrand / Coogan / Sorry)
12. Tunnel Of Love ((Guns / Legrand / Coogan / Sorry / Ginger)
13. Dimes In Heaven ((Guns / Legrand / Coogan / Sorry)


・バンドの実質的リーダーであったNikki Sixxの脱退〜新メンバーの加入などを経て、前作(制作時)から約2年ぶりにリリースされたセカンド・アルバム。
・前作とは逆に、本アルバムはアメリカおよびヨーロッパで先行リリース、日本国内盤はアメリカ盤から1週間ほど遅れ、2005年の10月5日に発売された。
・プロデュースは、TraciiがL.A. GUNSで最後に作ったアルバム「WAKING THE DEAD」のプロデューサー Andy Johnsと、Tracii自身によって手掛けられている。
・インスト#01以外は、全曲にバンド全員が関わっているが、Nikki Sixx在籍時の曲がベースとなっている#04, 05, 09にはNikkiの名前が、また#08, 12には、曲制作のリハーサル時に短期間だけ在籍したGingerの名前もクレジットされている。
・アルバムタイトル「RUNAWAY BRIDES」の命名者はNikki Sixx(Motley Crueで滞在中の)ヨーロッパからメールを送ってきたそう。
・国内盤はデジパック(紙ケース)にてリリースされた。



back to : Bridesmaid <Home>